RO捨て ~2nd season
ただのゲームプレイ日記のようだ。
プロフィール

さいず

  • Author:さいず
  • ファミコンを持ってないとバカにされる、そんな時期もありました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
はじめてのPT
作った白魔道師はソロでコツコツとレベルが上がって11になった。土曜日、このキャラで初めてのパーティに参加する事に。僕とリアル友人と2人でまずパーティを作って、その後人を探す。友人は僕よりもずっと長くFFをやっていた為にこういう事には慣れているのでお任せ。

FFはパーティを組むにも一苦労。ROみたいに臨時広場みたいな物はない。サーチ機能でPT参加希望を出している人を探し出して声をかける。参加希望を出していない人でもどうしても足りなければ声をかけてみる。勿論外国人も多くいるので上手く意思疎通出来ない場合は諦める。集まってきてまだ人が足りなかったら各々のLS内でも声をかけてみる。そんな風にして1PT最大6人を集める事となる。このPT集めに1~2時間かかるなんて事はザラ。その辺がFFのやりづらい所だと思う。

んで、この日は日本人だけで4人集める事ができた。とりあえず4人で始めますかぁとバルクルム砂丘へ。4人なので白魔は当然僕一人・・。6人なら白魔2人ってのもありなんだろうけどねぇ。

FFはPTで「とて」~「とてとて」を狩るという事が多い。FFには敵の強さを調べるコマンドがあって「楽」「丁度」「同じくらいの強さ」「強そう」「とても強そう」「とてもとても強そう」等と表示される。前衛ソロでは「おなつよ」あたりまで狩る事が出来るが、PTならば「とて」~「とてとて」も狩る事が出来る場合がある。だからPTの時はソロでは行かないような狩り場へ行く。

バルクルム砂丘は僕たちと同じようなレベルのPTが沢山いた。4人でとりあえず弱めの敵から狩り始める。僕は以前(4年前)はモンクをしていたので白魔でPTをするのは初めて。とりあえずケアル2を撃ってみると「ケアル1でいいですよ^^」と言われる(余談だが、FF世界には「^^」を使う人が異様に多い気がするのだが・・)。ケアル2は敵を引き寄せてしまうし、MP消費がデカいのでこのレベルのPTではケアル1を連発するのが基本らしい。他にも、バイオがかかっていたらディアをかけてはいけないとか、前衛で釣り役の人を真っ先に回復させるとか、そういう決まり事を友人から教えてもらった(戦闘中)。

そうやって戦闘していたのだけど、戦闘中に何度も外人が「PT入れてくれ」と言ってくる。Say(オープンチャット)だったりTell(Whisper)してきたりする。他の人にもTellきているんだろうな。なので適当にレベルが合う外国人を加えて6人PTにした。

それでも白魔は僕一人。他にサポ白の人もいてケアルを手伝ってくれるんだけど、それでもなかなかきつい。途中で死ぬ人もいる。回復が一瞬遅かったせいで死なれると非常に凹む。

死ぬとHP(ホームポイント、セーブ地点)に戻るか、HPが遠いとレイズをしてもらうしかない。低レベル白魔はレイズなんて高位魔法は使えないので(レイズはレベル25)シャウトでレイズを求めたり、辻レイズを待つ事になる。この待っている時間は残りのメンバーで狩り続ける訳にもいかず、みんなでひたすら待つ。当然誰もレイズしてくれない事もあるのでその時はHPに戻って復帰してもらう。

この日は何人も死なせてしまった。2度死んだ人もいるし。本当に申し訳ない。どんなゲームでも回復系をやっていて死なれるとまいるわぁ。外国人が突っ走って自爆、みたいなのもあったけどそれでもやっぱりねぇ。しかも僕だけ1度も死ななかったし・・。

4時間近く狩り続けて終了。その間に外国人2人は抜けたりいつの間にか消えたりしていたが・・僕はレベル11の中盤から始めて、13まであと少しの所まできていた。

疲れた。。白魔はたえず他の人のHPバーを凝視してたえずケアルしている。白魔ってこんなに辛かったんだなぁと感じる。でも今日の経験で多少は白魔の動き方を理解したつもりなので次またガンバロ。。

次の日、LSで低レベルPT狩りがあったのだけど僕はリアル用事で参加出来ず。。友人はメインジョブがなんと19になっていた。サポジョブクエストを行う模様・・。どんどん先を行かれる。負けてらんないわぁ。

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

▲TOP
LS加入
さてFF。夜にログインすると一緒に始めた友人のレベルが昨日より3ほど上がっている。昨日は僕より早く落ちた筈なのに・・・。訊いてみると「昼間ちょっとやってたから」とのこと・・・。なぁなぁ、君も社会人でしょうが!外回りをサボって家でFFですか??仕事しろよ仕事!!。まぁいいけど、生活を壊さないようにがんばってくれ。

僕は当面の目標はサポートジョブ(※1)取得になるだろう。このサポートジョブ取得クエストはレベル18にならないと受けられない。だから当面の目標は僕の白魔道師をレベル18にする事。昔はレベル制限が低かったから高レベルの人と一緒にクエストやってレベル10くらい?でサポジョブ取れたんだけどなぁ。

でも18になってもソロでサポジョブ取得クエストを完遂するのはおそらく不可能。ましてや僕は白魔道師なのでソロでは無理と思ってよいだろう。協力者が必要だ。友人と2人でもたぶん相当レベルが上がらないと無理だろう。

だから、僕はリンクシェル(LS)(※2)のメンバーに入る事にした。ちょうど友人がどこかのLSから誘いを受けていたので僕も便乗して加入させてもらった。やはりみんなレベルが高くていらっしゃる。いい人が多そうだし、LS狩りも行われているみたい。

現在レベル白魔道師レベル9。先は長いよ・・。




※1 例えば、「戦士だけどケアルも使える」ようになるには戦士をメインジョブ、白魔道師をサポートジョブにする必要がある。
※2 遠隔で多人数チャットが出来る機能。他のゲームの「ギルド」「クラン」ほどの機能はない。

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

▲TOP
FFXIふたたび
いきなりですがファイナルファンタジー11の話題。

僕がFF11をやっていたのは何時だったろうか・・と当時の記憶を思い返していたら、韓国人と仲良くなったときのことを思い出した。

サービス開始当時はFFに外国人はほとんどいなかったのだが、僕が仲間と狩りをしているといきなり英語で話しかけられたので驚いた。何か困っているらしく、助けを求めてきていた。彼が言うには、クエスト用のアイテム集めをしているのだが、敵が強くて困っているらしい。僕は昔ディアブロで鍛えたエセ英会話を駆使してなんとかそれを彼から読み取ったのだ。

その手伝いをして彼とは仲良くなった。彼はKoreanだと言う。話すネタに困っていた僕は、その当時、日韓ワールドカップが終了した直後で、韓国はベスト4まで粘っていたのでその事をネタにした。「韓国はベスト4だったからすごいね!」みたいな。彼はサッカーが好きらしく、いろいろと英語で話していたが、特にサッカーファンじゃないし英語がわかんないしで僕にはチンプンカンプンだったのだが・・・。

今年はドイツワールドカップがあった。そうか、じゃぁあれは4年も前なんだ。

僕は4年前にFFがサービス開始した当時からプレイしていて、約半年でやめてしまっていた。その後特にやる気にはならなかった。プレイしていた当時は面白かったけど、ソロでのレベル上げがほぼ不可能な所為でやらなくなってしまったのだ。


しかし最近、以前FFXIを一緒にプレイしていたリアル友達がFFをまたやりたくなったので一緒にやらないかと言ってきた。復帰するなんてことは今まで考えたこと無かったけど、せっかく誘ってくれたのだからちょっとやってみようかな・・とりあえず1ヶ月くらい。。

さて、プレイすると言ってもPS2が壊れているのでPC版をやることになる(当時両方買ったんだ)。インストールして、アップデートする。FFはアップデートが非常に長い。平気で4,5時間かかったりするのでアップデートをしながら放置寝。

次の日、支払手続きをしてからプレイ開始。以前のキャラクターは消したかどうか覚えていないが、残ってはいなかった。当たり前か。。なので全く1からのスタートとなった。

とりあえず作ったキャラクターはヒュム女白魔!!

FF01


なんか可愛くないなぁ・・髪型選択マズったかなぁ。しかもFFのスクリーンショットってば、必ずこのサイズに縮小されるし、画像悪いし。。

でもまぁとりあえず!このキャラで最低1ヶ月はプレイしてみようと思う。

友達は赤魔導師をつくっていた。2人パーティで狩りしたり、ソロでコツコツ狩ったり、3日程頑張ってレベル8になって撮ったのが上の写真。

3日やっての感想は。。

外国人大杉。

今やこんなに外人ばかりになってしまったのねぇ。僕がプレイしていた当時はさっきも書いたとおりにホントに希だった。でも今や話しかけてくる人が全部英語。この3日間で僕に話しかけてきた人は全て、100%英語だった。日本語で話しかけられること皆無。

でも実は、僕はこの状況を喜んでいる。

僕はディアブロにハマった口なのだが、その時は日本人より外国人と遊んでる方が多かった。僕は中学校レベルの英語なので彼らと意思疎通があまりできないけど、一緒に潜るのは非常に楽しかった。その思い出があって、僕は日本人だけのゲームよりも、どこの国もごちゃ混ぜのMMORPGがやりたい!と常日頃思っていたのだ。FFの現状を知らなかった僕は、今それがやりたいなら日本語版が無いWorld of Warcraftかなぁと思っていた。でも国産MMOのFF11がこんな状態になっていたとは、うれしい限りだ。

どうせならFFでは外国人ばかりのパーティに加わったり、外国人ばかりのLS(リンクシェル。遠隔で多人数チャットできる)に入ってその中でYellowJapとして可愛がってもらいたい。

そんな期待をしちゃっている。

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。