RO捨て ~2nd season
ただのゲームプレイ日記のようだ。
プロフィール

さいず

  • Author:さいず
  • ファミコンを持ってないとバカにされる、そんな時期もありました。

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
プロローグモード(後半
プロローグモード後編です。

ステージ6で増えているチップは発射物判断、ジャンプ、防御態勢の3つ。敵はドローン1体ですが今度は向こうから撃ってきます。それをかわしつつ攻撃しなくてはなりません。
増えたチップから判断すると、発射物判断で敵の弾を判断してジャンプで避けなさいって事でしょ。

発射物判断はどのくらいの距離が丁度良いのか・・昔からの悩みどころなんですがとりあえず70~90くらいで適当に設定してみる。敵の弾が前方にあったら左右どちらかにジャンプ・・なんですけど、右と左どっちに飛んだらよい物かが悩みどころですね。まぁこのくらいの初期ステージならどっちでもよいと思うんですけど。

とりあえず敵が右前方にいる場合は右に、逆なら左に飛ぶようにプログラムしてみる。んで戦闘開始するとこちらがミサイルを撃とうとしたところに被弾して転んだりするけどまぁ何発か当ててクリアしました。

ステージ7。増えたチップは状態判断、時間判断、オプション装置動作。ハードウェア設計にもオプション装備などが選べる用になっている。コレで熱量がヤバくなったときに冷却装置を使うとかができるのかな。

敵はOKE1体。ステージ6と同じように向こうも撃ってくる・・・ていうか、ステージ6とあまり変わっていないなぁ。同じプログラムであっけなく勝利できますよ。ビーム連射とかしない限り熱量だって100%に達することもないだろうし。

ただ、僕のプログラムそのままだと相手の射撃に過敏に反応してジャンプばかりしてしまう事になってました。合間に1,2発撃つだけなので時間がかなりかかってましたね。

ステージ8。増えたチップは急速移動、急速旋回、特殊アクション。そして3体のチームが組めるようになります。敵はOKE3体なのでこちらも3体のチームを編成します。チャレンジャーなら1機で挑んでもよいと思いますが・・。

選択できる機体も、今までは練習用機体のブロックヘッドのみだったのですが、新たな2脚機体、月影とエッグノッグが増えていますね。

とりあえず月影に今まで使っていたプログラムを移植してみました。なんかこっちの方が強そうなので・・。そんでそれを3体揃えて戦闘開始。

そうすると・・・なんか当たらない。こっちの射撃があたらないんだよ!。1機2機と倒されていき3機目の機体が全ての弾を撃ち尽くした後、なんと、格闘攻撃で1機ずつ葬っていく僕の月影。クリアしちゃったよ。

まぁ最初はオールクリアを目標にしてるので・・コレはコレでいっかぁ。

次、9ステージと思ったらコレが最終ステージみたい。そして使えるOKEの種類が増えた。ホバー型、多脚型、車両型、飛行型がそれぞれ1機ずつ使えるようになったのと、ノーマルチップが全て使えるようになったらしいです。ノーマルチップって何処までがノーマルで何処からがそれ以外なのか??全然わからないけど、これで大抵の事は出来るようになるって訳かな。

敵は月影3体。僕だっていまや月影3体なんですよ。こりゃいけるんじゃないかな、今のままで・・。と思って何も考えずにさっきのステージと同じソフトウェアで戦闘開始。順調に敵月影を破壊していって・・3体破壊完了~。なんか最終ステージの癖にあっけなく終わっちまった。

その後「タイトルからシナリオゲームが選べるようになりました」「バトルゲームが選べるようになりました」と表示された後、なんとエクストラミッションが始まった。やっぱりこれだけじゃ終わらないのね・・。続く。
スポンサーサイト
▲TOP
プロローグモード(前半
CHP日記第一回目です。

まず最初はプロローグモードから始めることになると思います。プロローグモードで10ステージをクリアしないと他のシナリオモード、バトルモードで遊ぶことが出来ません。

プロローグモードは順番にステージをクリアしていってカルネージハートの基本を勉強していく、みたいなモードになっています。早速始めてみました。

まずはステージ1なんですが、ここに書くまでもなく簡単です。

ステージ内容は「OKEに格闘を命令して目の前の標的を破壊する」なんですが・・目の前にドローンが1つあるだけでチップは格闘しかないです。ソフトウェア設計で一番左上に格闘チップを一つ置いて実行すればそれでおけーですな、こりゃ。

次、ステージ2。ドローンが2つになっています。しかも目の前じゃなくて左右に1個ずつ配置されているので回転しないといけません。チップには回転と機体判断が追加されています。つまり機体判断で前方に敵がいるかどうか判断し、いたら格闘、いなければ回転ってな感じですか。

ステージ3。ドローンが1つに減ってる。けど右斜め前方にある感じ。でもこれならステージ2で作ったプログラムで全然いけるんじゃないの?試しにセーブしてそのままのプログラムで戦闘開始するとあっさりクリア・・・。なんじゃこりゃ。

ステージ3で増えているチップは移動、戦闘エリア判断、ランダム分岐の3つ。これらを使ってこのステージを実行するには・・ランダムに移動して戦闘エリアから外れそうになったら旋回、ドローンが正面にいたら攻撃?そんな面倒なプログラム組む人いないよなー。最初の説明ではある程度まで近づいて格闘するみたいな説明があったからそれをプログラムしたらよいのでしょうか?いまいち謎・・・。まいいや、次々。

ステージ4はドローンが前方に3つ並んでいます。ここでもステージ2のプログラムそのままで3つ破壊することができます。なんだかなぁ・・・。増えているチップは思考停止、動作完了待ち、動作中止の3つなんですがこんなの使い道あるのかな・・・。

ステージ5。敵は今までただ置いてあるだけのドローンだったのですがここから敵がOKEになりました。そのOKEが格闘で攻撃してきます!!。これまた試しに今までの、ステージ2から変更していないプログラムでそのまま戦ってみたのですが案の定やられました。

ステージ5から追加されるチップは射撃攻撃、残数判断、障害物判断。いよいよ射撃できるようになります。相手は格闘しかしてこないのにこっちは遠距離攻撃でいじめまくるそんなステージ5。とりあえず前方に敵を捕らえたら乱射しまくる、いなかったら左旋回。これだけで余裕です。

とりあえずプロローグの半分は終わりました。次回に続く。
▲TOP
C.H.P.へようこそ
2006年9月以降何も書いてませんでしたね・・。いやぁ、ネトゲを休止してさらにPS2が壊れてしまったのでゲームあまりしなくなっちゃったんですよ。ですが、復活させようと思います。

というのも、最近PSPを買いまして、以前からどうしてもやりたかったゲームを本体と一緒に買ったからです。そのゲームは「カルネージハートポータブル」(CHP)です。

CHPはいわゆるロボット戦闘シミュレーションゲームなのですが、機体や装備(ハードウェア)の選択の他に、ロボットの行動(ソフトウェア)をプログラミングしなければならないという点が大きな特徴です。プログラミングといっても実際にコードを書くわけではなく、プログラムチップと呼ばれるパネルを並べる事によってロボットの行動を組み立てていきます。プログラムは自由度が高く、自分の好きなようにロボットの行動を制御出来る点が非常に面白いです。

僕はCHPにすっかりはまってしまったのでプレイ日記みたいな何かを何処かに記しておこうかなぁと考えました。そこで思い出したのが「どうやらただのゲームプレイ日記のよう」なこのblogです。いや、忘れていた訳じゃないですよ・・・。

ということで、今日から始まるCHP日記、やったことない人にはさっぱりな内容ですが興味を持ったら是非買って見て下さい。僕は田舎に住んでいるのでソフトを買うのに店を5軒回りましたけどね・・・。

それでははじまりはじまり。
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。